横浜が新体制発表会 2季ぶり奪還へ新戦力 ブラジル2部所属セアラ獲得

[ 2021年1月24日 05:30 ]

新体制発表会でフォトセッションに臨む横浜イレブン(前列左から)南、エウベル、岩田、樺山(後列同)田川、ポステコグルー監督、平井(クラブ提供)
Photo By 提供写真

 2季ぶりの覇権奪回を目指す横浜は23日、オンラインで新体制発表会を開催した。2年連続のオファーを経て大分から移籍した東京五輪世代のDF岩田智輝(23)は「サイドバック(SB)でもセンターバックでも与えられた所は全力でやる」と決意表明。右SBとなれば同じ大分出身で兄のように慕うDF松原健(27)と争うことになるが「健君にも競争で負ける気はない」と力強かった。

 またブラジル2部ビトーリアからブラジル人FWレオ・セアラ(25)を獲得したこともサプライズ発表。16年にJ3琉球でもプレーした新助っ人は入国制限措置が解かれて入国次第、メディカル検査を経て正式契約する。会見にはFWエウベル(28)、興国高から一挙4人加入で話題のMF樺山、南、GK田川、DF平井も参加した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月24日のニュース