徳島、J2東京VのU―19代表MF藤田獲得へ 豊富な運動量誇るボランチ

[ 2021年1月12日 05:30 ]

東京VのU―19代表MF藤田
Photo By スポニチ

 今季J1昇格の徳島がJ2東京VのU―19代表MF藤田譲瑠チマ(18)を獲得することが11日、分かった。Jリーグ関係者によると複数クラブが獲得に乗り出す中、世界的な育成クラブを目指す徳島のビジョンに共感。近日中に正式発表される。

 藤田は1メートル72と小柄ながら、G大阪MF井手口陽介のような高いボール奪取能力と豊富な運動量を誇り、さらに推進力も持つボランチ。アカデミーからトップ昇格した昨シーズンは開幕からレギュラーをつかみ、41試合3得点4アシストをマークした。まだまだ伸び代を残す底知れぬポテンシャルは国内外で高く評価。日本代表MF中島翔哉(ポルト)ら多くのタレントを輩出した名門アカデミーの中でも“至宝”とうたわれ、今夏の東京五輪や22年カタールW杯も狙える逸材だ。

 徳島はリーグ王者・川崎FからFW宮代大聖(20)を期限付きで獲得。J2新潟で10番を背負うMF本間至恩(20)とはクラブ間合意を残すだけとなっている。若き才能で、J1に大きな渦を巻き起こす。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月12日のニュース