C大阪が今季3度目3連勝 残り3試合で2位名古屋&3位G大阪に勝ち点1差

[ 2020年12月5日 16:19 ]

明治安田生命J1リーグ第31節   C大阪3―1札幌 ( 2020年12月5日    札幌ドーム )

<札幌・C大阪>後半9分にゴールを決めジャンプして喜ぶC大阪・清武(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 C大阪が今季3度目の3連勝を飾り、2位名古屋に勝ち点1差と迫った。

 アウェーで迎えた札幌戦は、序盤は劣勢を強いられながらも、前半40分にDF松田の巧みなクロスをFWブルーノ・メンデスが頭で合わせて先制。後半9分には元日本代表MF清武の鮮やかな左足シュートで追加点を奪うと、一度は1点差とされながらも、後半35分にFW豊川のパスからブルーノ・メンデスの2点目が生まれ、3―1で勝利した。

 残り3試合の状況で、1試合消化の多い2位名古屋に勝ち点1差。試合数が同じ3位G大阪にも同1差とした。今季限りで契約満了となるロティーナ監督は「今日の我々のカギは、しっかり攻撃することで、相手のDFに問題を起こすことがカギだった」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月5日のニュース