神戸 2戦連続零敗に山川、課題が「明白になった」7日に決勝T1回戦

[ 2020年12月5日 05:30 ]

ACL1次リーグG組   神戸0-2水原 ( 2020年12月4日    カタール・ドーハ )

<神戸・水原>後半、水原に先制ゴールを許すGK前川(右端)ら神戸イレブン
Photo By ゲッティ=共同

 神戸は決勝トーナメント1回戦を中2日で控え、イニエスタやベルギー代表DFフェルマーレンは前半のみの出場。

 大黒柱がいなくなった後半にCKからとPKで2ゴールを許し、2連敗となった。「この2試合、セットプレーでやられて(課題が)明白になった」とDF山川。次戦の先発が見込まれる選手はGK前川と山川、元日本代表MF山口を除いて出場時間を制限。その上で結果も求めたが、2戦連続無得点と攻撃陣が沈黙した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月5日のニュース