なでしこリーグ、7・18開幕が決定 2節までは無観客で開催

[ 2020年6月3日 05:30 ]

練習再開を受け、オンラインで取材に応じる日テレの清水
Photo By 共同

 日本女子サッカーリーグは2日、新型コロナウイルスの影響で延期していたなでしこリーグ1、2部の開幕が7月18日に決定したと発表した。当初は3月21日の開幕を目指していた。開幕節と第2節は無観客試合で開催し、第3節以降は感染拡大の状況を見ながら判断する。3部に相当するチャレンジリーグは8月22日に開幕することも決まった。対戦カード、キックオフ時刻、スタジアムについては未定で、決定次第発表する。また、選手へのPCR検査については現時点での導入は未定だが、関係者は「Jリーグなどが導入することは把握しているので、我々も状況を鑑みて検討を続けていきたい」と話した。

 《日テレ6連覇へ 清水「うれしい」》なでしこリーグの開幕日が決定したことを受け、6連覇を目指す日テレのDF清水は「いつ開幕するのか決まっていなかったので、決定したことがうれしい」と喜んだ。チームはこの日、2組に分かれてのグループトレーニングを再開。「自粛期間はサッカーだけでなく、スポーツの試合がなくて寂しかった。試合が始まったら見ている人を元気づけたい」と新シーズン開幕に思いをはせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月3日のニュース