横浜FCが活動再開 カズは3密を避けながらの「1人カズダンス」を予告

[ 2020年6月3日 12:12 ]

三浦知良
Photo By スポニチ

 横浜FCが3日、トップチームの活動を再開。FW三浦知良(53)がオンライン取材に応じ「久々に芝生のグラウンドでプレー出来たことは非常に嬉しかった。第1歩を踏み出せたかなと思います」と話した。再開初日のメニューはフィジカルテスト、35メートル走、体幹トレ、2400メートル走など。カズも全てを消化したという。

 チームは4月7日から活動を休止。その間、新型コロナという見えない敵に対し「世界中の生活が不自由になり、寄り添って助け合うこともできない」と不安な日々を過ごした。自分なりに体を動かし、トレーニングすることで心の安定を保った。一家団らんなど家族で食事をとる時間が増えたことも心の支えになったという。

 再開まで1カ月。Jリーグではさまざまな感染予防を徹底した上で試合が開催される予定だ。「まずは試合にでられるように毎日、しっかりやりたい。ゴールを決めたら無観客であっても、チームメートとみんなで喜べなくても“1人カズダンス”をやりたいなと思います」。カズもまた新たな形でのダンスを予告した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月3日のニュース