湘南MF斎藤 リーグ再開へ好状態キープ「楽しめている」、五輪には自然体で

[ 2020年5月28日 15:22 ]

 東京五輪世代の湘南MF斎藤未月(21)が28日、オンラインで取材に対応、「みんなとサッカーができる楽しさやこれから始まる雰囲気がある。楽しめている」と抱負を語った。

 チームは前日から2組に分けて時間をずらしてトレーニングを再開したが、「ここまでにチームが与えてくれたメニューがあって体作りはできている。きょうもついていけたし、悪いコンディションでない」と、振り返った。活動自粛中も毎日体を動かし、週に4~5日はランニングもしていたという。「体重は変わっていないし、筋力は維持か向上できている」と、自信も見せた。

 今後は「この期間にケガをしたら意味はない。喜びにひたって激しく動いて肉離れしては。大人なんでいいコンディションで再開を迎えたい」と、ケガには細心の注意を払う考え。1年延期となった東京五輪については「チームで結果残して自分が求める所にたどり着けたらいいなと思う」と自然体で挑む考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月28日のニュース