FC東京 五輪世代トリオが動画で近況報告、DF渡辺は「朝から晩まで筋トレ」メッセージ発信も

[ 2020年5月3日 18:43 ]

FC東京のFW田川、DF渡辺、GK波多野の東京五輪トリオが、クラブ企画のLIVE配信でサポーターの質問に答えた(クラブ公式YouTubeより)
Photo By 提供写真

 「青赤STAY HOME週間」を2日からスタートしているFC東京は3日、コンテンツの一つとして「NEXT TOKYO GENERATIONが答えます!」を公式YouTubeで配信した。出演したのは日本代表DF渡辺剛(23)、同FW田川亨介(21)、GK波多野豪(21)の東京五輪トリオ。サポーターからの質問はサッカー関連だけでなく、プライベートの話題にも及んだ。

 冒頭に3人は近況を報告。天気が良いのでベランダでトレーニングをしていると波多野が話すと、渡辺は「朝から晩まで筋トレをしている。体が変わるかなって」と体作りにハマっていることを明かした。さらに「プロになるためにどうやってアピールしたのか」という質問に、波多野は母親とのエピソードを披露。FC東京のスクールに通っていた際に送り迎えをしてもらっていたが、「毎日がセレクション。どこで誰が見ているか分からないから、スクールで手を抜くな」と檄(げき)を飛ばされ、車から降りていたという。

 最後に3人はサポーターへのメッセージを発信。渡辺は「正直、厳しい状況ですね。自分たちもそうだし、サポーターの皆さんも試合もないし、外出もできなくて大変だと思う。自分はサッカーができる喜びや幸せを感じることができて、それに向けて頑張りたいなと思えるようになった。Jが再開し、みなさんに会って、スタジアムで熱くなれる瞬間がいち早くくると信じて頑張っていきたい。大変ですがともに頑張りましょう」と話し、田川は「早くサッカーをしたいという気持ちが強い。それはやっぱり落ち着いて、できる環境になったときに一気に爆発させたい。それをサポーターの皆さんと味わっていきたいと思いながらトレーニングしている。その瞬間を楽しみに頑張っていきましょう」と呼びかけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月3日のニュース