神戸・酒井高徳、コロナ陽性…J選手初の感染者

[ 2020年3月31日 05:30 ]

25日から体調不良を訴えていた酒井
Photo By スポニチ

 神戸は30日、元日本代表DF酒井高徳(29)に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たと発表した。25日に発熱を伴った体調不良を訴え、その後に軽度の頭痛や味覚と嗅覚に異常が生じたことから、28日にPCR検査を実施。この日の午後5時に陽性判定が下された。プロ野球の阪神から感染者が出た中、Jリーグからは初の感染者となった。阪神の選手との接触はない。

 神戸によると、酒井は25日の夜中から38度の発熱で体調不良を訴え、26日に兵庫県内の病院で「急性上気道炎」と診断された。27日も熱が38度まで上がり、頭と喉に痛みがあったという。平熱に戻った28日は匂いを感じないなど症状があり、医師の助言により兵庫県内の病院でPCR検査を実施し、30日午後に陽性と判定された。

 ウェブ会見には立花陽三社長、三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)が出席し、立花社長は「Jリーグおよびファンの皆さまにご迷惑、ご心配をおかけすることになり大変申し訳ありません」と陳謝。現時点で他選手、スタッフに症状が出た者はいないという。

 三浦SDによれば、現在も酒井は嗅覚や味覚が改善されていない。昨夏に神戸へ加入後は単身で生活しており、夫人や子供たちも無事という。感染経路は判明しておらず、クラブ側は発症前2週間の行動履歴などの聞き取りを実施。濃厚接触者などを保健所に提出し、今後の対応は指示を仰いでいくという。

 酒井はクラブを通じて謝罪のコメントを発表。チームの公式ユーチューブで休校になった子供たちへ手洗い、うがいの大切さを訴えたこともあり「人数の多い場所に行かない、消毒や手洗いなど気を使って生活をしていました。それでもこのようなことになり、大変情けなく思っています」と自責の念を語った。また、自身のインスタグラムでは「体調も良く元気です」と報告した上で「コロナウイルスは本当にどこに潜んでいるかわからない。自分以外の方の感染がないことを本当に心から願うことしかできません」と祈った。

 Jリーグは2月下旬から公式戦を中断し、J1は5月9日の再開を目指すが、初の感染者が出たことで今後、再開へ向けた影響は避けられなくなった。

 【酒井高徳の経過】
 ☆3月21日 練習参加。
 ☆22、23日 オフ。
 ☆24日 練習参加。
 ☆25日 練習参加。夜中から体調不良を訴え、38度の発熱。
 ☆26日 練習を欠席。37.6度の発熱と頭痛、鼻閉感を訴え、兵庫県の病院で受診。急性上気道炎と診断される。
 ☆27日 朝の体温は37.3度。夜に38度の発熱と頭痛、咽頭痛。
 ☆28日 体温は35.8度で軽い頭痛。匂いや味覚を感じないため、医師の助言を受け、兵庫県内の病院でPCR検査を実施。
 ☆30日 PCR検査で陽性判定。

 ◆酒井 高徳(さかい・ごうとく)1991年(平3)3月14日生まれ、米ニューヨーク市出身の29歳。10歳でサッカーを始める。開志学園に在籍した06年から新潟ユースに入団。08年11月にトップチームに昇格した。12年からドイツのシュツットガルトに移籍。15年からドイツのハンブルガーSVでプレー後、19年から神戸。14、18年W杯代表。日本代表通算42試合0得点。1メートル76、74キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月31日のニュース