Jリーグ初の新型コロナ感染に各クラブも対策強化へ 川崎F・中村「自己予防に努めていきたい」

[ 2020年3月31日 05:30 ]

 Jリーグ全体では選手、スタッフが注意を払い続けてきたが、初の感染者が出たことで各クラブは慌ただしく情報収集に追われた。

 川崎Fの中村は自身のブログで「引き続き自己予防に努めていきたい」とコメント。クラブは報道陣の練習取材解禁を検討していたが「判断に影響が出るかもしれない」という。浦和の広報担当者は「より(感染が)身近に迫っているのを感じた」と言い、柏の同担当者も「どこで起こってもおかしくないと改めて実感した」と語った。鹿島は障がい者福祉施設で集団感染が起きた千葉県東庄町にホームタウンが近いこともあり「(予防策を)より周知徹底していく」との姿勢を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月31日のニュース