横浜・マルコス、母国もコロナ騒ぎも冷静に「ポジティブに考えていかないと」

[ 2020年2月29日 05:30 ]

マルコスジュニオール(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 横浜は、29日の練習試合・J2甲府戦(非公開)に向け、午前中に練習を行った。公式戦の延期決定後、初めての取材対応もありMFマルコス・ジュニオールは「これを準備期間としてポジティブに考えていかないと」と冷静に受け止めた。

 母国ブラジルでも報じられているという感染拡大。「ブラジルのメディアは凄く大げさに言うので、家族や親戚は“世界の終わり”くらいの感じで連絡してくるけど、“そんなことはないよ”って毎回言う」と落ち着いて話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月29日のニュース