ポルト・中島、前半29分から出場も本拠地で黒星敗退

[ 2020年2月29日 05:30 ]

レーバークーゼン戦の前半、攻め込むポルトの中島(右)(共同)
Photo By 共同

 サッカーの欧州リーグは27日、各地で決勝トーナメント1回戦の第2戦が行われ、中島翔哉のポルト(ポルトガル)はホームでレーバークーゼン(ドイツ)に1―3で敗れ、2戦合計2―5で敗退した。中島は前半29分から出場した。AZアルクマール(オランダ)の菅原由勢は0―2で敗れた敵地でのLASK(オーストリア)戦で出場がなく、チームは2戦合計1―3で敗退。

 奥川雅也のザルツブルク(オーストリア)と長谷部誠、鎌田大地のアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)の一戦は嵐のため28日に順延された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年2月29日のニュース