清水DF松原后 ベルギー・シントトロイデン移籍内定、正式契約へ

[ 2020年1月20日 16:37 ]

清水・松原
Photo By スポニチ

 J1清水が20日、DF松原后(23)のベルギーリーグ1部シントトロイデンへの完全移籍が内定したと発表した。今後は現地でのメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ予定。

 松原はアトランタ五輪代表の松原良香氏(45)のおいで、浜松開誠館から清水入り。年代別の日本代表にも選ばれた。攻撃的な選手だったがDFに転向して素質が開花、3バックの左に定着した昨季は34試合全てに出場した。

 クラブを通じて発表したコメントは以下の通り。

 「報告が遅くなりすみません。このたび、ベルギーのシントトロイデンVVに移籍することになりました。僕にきたチャンスを尊重し、快く送り出してくれるエスパルスには感謝しかありません。と同時にこのクラブを背負うような気持ちで挑戦してきます。高校を出て、何もできなかった僕とサポーターの皆さんとは5年間喜怒哀楽あり、色々な経験をさせてもらい成長させて頂きました。一番伝えたいことは、僕はエスパルスが本当に大好きということ。静岡で育ち、このクラブでサッカーができて幸せでした。僕の心はエスパルスと共にあります。本当にありがとうございました」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月20日のニュース