大久保 東京V“デビュー戦”1500人来た~!J元年以来の盛況、ラモス氏も見学で激励

[ 2020年1月20日 05:30 ]

<練習試合 東京V・国士舘大>練習試合を終えた大久保(右)は集まった大勢のファンと記念撮影の大サービス(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 J2東京Vに新加入した大久保嘉人(37)が19日、国士舘大との練習試合で“デビュー”した。FWで先発し、前半45分間に出場。ゴールはなかったがシュートは2本放ち「思ったよりも動けた」と存在感を示した。前半7分には左からのクロスをファーサイドで合わせたがサイドネット。40分には右からのパスをDFと競りながらシュートしたがDFに阻まれた。

 「川崎Fと似ていてパスが来る。共通理解ができているし、この時期でこれぐらいやれているので楽しみ」と手応えをアピール。磐田に所属していた昨年は1点に終わったが、「このサッカーなら、どれだけ取れるか」と、今季のゴール量産にも自信を見せた。

 グラウンドにはJ開幕当時以来となる約1500人のサポーターが詰めかけ、人気の面でも存在感を示した。OBのラモス氏も見学に訪れて激励。「ヴェルディを見てJリーガーになりたいと思った」という大久保は「期待に応えないとね」と気を引き締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月20日のニュース