南野リバプール移籍にネット歓喜!「ついにフィルミーノと競演だ」「ミナミーノまでトレンド入りで草」

[ 2019年12月19日 21:40 ]

リバプール公式インスタグラムより

 オーストリア1部ザルツブルクの日本代表MF南野拓実(24)がイングランド1部・プレミアリーグの強豪リバプールへ完全移籍することが正式発表され、ネット上でも大盛り上がり。YAHOO!リアルタイム検索の20時時点で「Minamino」が1位に浮上。同時に「ミナミーノ」「Liverpool」なども上位ランク入りとなった。

 リバプールもクラブ史上初めての日本人選手加入に歓迎ムード。公式ツイッターでは正式発表後に早速日本語版のアカウントを開設。トップページには南野加入の写真を使用し、「Minamino」の名前の下に「リバプールフットボールクラブへようこそ」とメッセージを載せた。また、クラブのインスタグラムも南野一色。さらにクロップ監督もクラブ公式サイトで「最高のニュースで、素晴らしい補強だ。本当に、本当に喜んでいる」南野の加入を歓迎した。

 南野についてはデーリー・メール紙など複数の英紙でブラジル代表FWフィルミーノの代役候補と報道。10月2日の欧州CL1次リーグ第2節リバプール―ザルツブルク戦で南野がゴールを決めるなどの大活躍すると、フィルミーノの代役を熱望していたリバプールサポーターも南野に注目。公式ツイッターなどでフィルミーノと同じような呼び方で「ミナミーノ」と興奮ぎみにつぶやかれ、リバプール加入前から南野に熱視線が送られていた。

 日本のサポーターの間でも「ミナミーノ」という名称は定着化され、今回のリバプール移籍決定にネット上では「フィルミーノからミナミーノへ」「ミナミーノ激アツ」「ミナミーノはフィルミーノから色々と盗んで欲しい」「ついにフィルミーノとミナミーノの競演だ」「ミナミーノまでトレンド入りで草」など日本人のビッグクラブ移籍に“お祭り騒ぎ状態”となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月19日のニュース