G大阪・小野瀬康介 残留決断 松波強化部長「替えの利かない選手」

[ 2019年12月19日 05:30 ]

G大阪の小野瀬康介
Photo By スポニチ

 横浜から正式オファーを受けていたG大阪MF小野瀬康介(26)は残留を決めたことが18日、分かった。この日までに両クラブへ連絡。来季も青と黒のユニホームに袖を通すことが決定した。

 松波強化兼任アカデミー部長は「替えの利かない選手。移籍されるとダメージがかなり大きい」と今季リーグ30試合7得点を挙げたサイドアタッカーを高く評価。宮本恒靖監督も出馬して慰留に努めた。小野瀬自身もJ2山口から引っ張ってくれたクラブに対しての恩義が強く、悩んだ末に宮本監督とともにタイトル獲得、そして日本代表への道を歩むことを決断した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月19日のニュース