DF田所諒が現役引退を発表 岡山、横浜FCで11年間プレー「もうおなかいっぱいです」

[ 2019年11月12日 15:20 ]

田所諒
Photo By スポニチ

 J2横浜FCは12日、DF田所諒(33)が今季限りで現役を引退すると発表した。24日に行われる明治安田生命J2リーグ第42節・愛媛戦(ニッパツ)の試合終了後に引退セレモニーを行う。

 大阪府出身の田所はC大阪U-18、大阪体育大を経て2009年にJ2岡山入り。16年から横浜FCでプレーしていた。J2リーグ戦の通算成績は301試合11得点。

 田所はクラブを通じ、「私、田所諒は今シーズン限りで現役を引退することを決断いたしました」と報告。

 「昨シーズン9月に左膝の前十字靭帯を断裂し、それからなかなか試合にも絡めず悔しい日々を過ごしていましたが、それまでの現役生活は自分の実力、能力から考えても出来すぎなくらいでしたし、まさか自分が小さいころに憧れていたカズさんと一緒にプレーできるなんて、夢にも思わなかったので、幸せな現役生活でした」と振り返り、「11年間プロサッカー選手として全力でプレーすることができたので、もうおなかいっぱいです!こんな下手くそな私を今まで応援していただき、本当にありがとうございました!」とサポーターに感謝のメッセージを捧げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月12日のニュース