ガラタサライ長友 久々の大舞台 敵地でドロー貢献

[ 2019年9月20日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ 1次リーグ第1節A組   ガラタサライ0―0クラブ・ブリュージュ ( 2019年9月18日 )

<ガラタサライ―クラブ・ブリュージュ>フル出場で存在感を示した長友(中央手前)と、健闘をたたえ合うガラタサライイレブン(AP)
Photo By AP

 ガラタサライのDF長友がアウェーのクラブ・ブリュージュ戦に左サイドバックでフル出場した。

 インテル・ミラノ時代の11年3月に初出場してから8年半。「やっぱりあのアンセム(大会公式曲)を聴いた瞬間から引き締まる。スイッチが入る」と通算16試合目となった久々の最高峰の舞台を楽しんだ。後半37分に右足ミドルを放つなど存在感を見せたが、試合はドローで終了。「最低限の結果かなと思うが、勝ちたかった」と悔しがった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月20日のニュース