なでしこ 熊谷、岩渕ら24人を選出 浦和の19歳・高橋が初招集

[ 2019年9月20日 18:37 ]

なでしこジャパンの高倉麻子監督
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は20日、国際親善試合カナダ戦(10月6日、IAIスタジアム)に臨むなでしこジャパンのメンバー24人を発表した。DF熊谷(リヨン)、FW岩渕(INAC神戸)、MF長谷川(日テレ)らが順当に選出されたほか、なでしこリーグ得点ランキング首位のFW田中(日テレ)が昨年11月以来の復帰を果たした。また、19歳のDF高橋(浦和)が初招集となった。

 ベスト16に終わった6月のW杯フランス大会以来となる代表活動。高倉監督は「私自身も選手も本当に悔しい思いをした。ただ、課題はたくさんあったが、やれたこともたくさんあった。自分たちのやっている方向は間違っていないということを確認して、自信を持ってゲームに臨めるようにまたチームを作っていきたい」と力を込めた。

 20年東京五輪を見据え活動を再開させるなでしこを、会場が一体となって後押しする。日本協会関係者によると初の試みとして各スポンサーに協力を要請し、スタジアムの広告看板をチームカラーのピンクで統一。来場者にはピンク色の服の着用やグッズ持参を呼びかけている。フランスで味わった失意を東京では歓喜に変えるため、なでしこカラーに彩られたスタジアムから再スタートを切る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月20日のニュース