CL王者リバプールがPK戦制す 14年ぶり4度目欧州スーパー杯制覇

[ 2019年8月15日 12:21 ]

欧州スーパー杯   リバプール 2-2(PK5-4) チェルシー ( 2019年8月14日    ベシクタシュ・パルク(イスタンブール) )

<欧州スーパー杯 リバプール2-2(PK5-4)チェルシー>カップを掲げるリバプール主将のMFヘンダーソン
Photo By AP

 UEFAスーパーカップは14日、イスタンブールで行われ、昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)覇者のリバプールが欧州リーグ(EL)王者のチェルシーとのイングランド勢対決で、2―2からのPK戦を5―4で制して14年ぶり4度目の優勝を果たした。

 前半36分に先制されたリバプールは、後半3分にFWマネが同点ゴール。延長前半5分に再びマネが決めて勝ち越したが、同11分にPKで追い付かれた。PK戦では新加入GKアドリアンがチェルシーの5人目のキックを止めて勝負を決めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月15日のニュース