前田大然 ポルトガル1部移籍も!松本の21歳快速FW近日中に決断へ

[ 2019年7月18日 05:34 ]

練習でキレのあるドリブルを見せる松本FW前田
Photo By スポニチ

 ポルトガル1部マリティモが、松本の日本代表FW前田大然(21)に対して期限付き移籍での獲得オファーを出していることが17日、分かった。マリティモは今季リーグ11位。かつては浦和や神戸で活躍したDF相馬崇人が所属していた。

 現在、松本は17位とJ2降格圏に沈んでおり、攻守で貢献度の高い前田が移籍となれば痛手。当然、慰留に努めるが、海外での成長を望む前田の希望も聞き入れ、最終的には話し合いの上で最良の選択をするつもりだ。

 50メートル5秒7の快足と豊富な運動量で、今季の1試合のスプリント回数でJリーグの上位を独占。6月の南米選手権期間中にはスペインの名門バルセロナからも関心が伝えられ「(欧州に)行くチャンスがあれば行きたい」と思いを強くしていた。ただ、今季は1得点ながら、サポーターからの人気は絶大。前田自身も残留争いの中、南米選手権出場を認めたクラブに「チーム状況が苦しい中、出してくれた」と恩も感じている。移籍か残留かで揺れ動くが、決断は近日中に下されそうだ。

 ◇前田 大然(まえだ・だいぜん)1997年(平9)10月20日生まれ、大阪府出身の21歳。太子JSC―川上FCを経て16年に山梨学院高から松本に加入。17年に水戸に期限付き移籍し、18年に松本復帰。6月の南米選手権ではA代表に初招集されて2試合に出場した。今季は17試合1得点。1メートル73、67キロ。

 ▽マリティモ ポルトガル領マデイラ諸島のフンシャルをホームに1910年創設。25~26年シーズンにポルトガル選手権(当時)を制し、唯一となる主要タイトルを獲得した(準優勝は2回)。ポルトガル1部には85~86年から34シーズン連続で在籍しており、昨季は13勝8分け13敗で7位。東京Vや浦和で活躍したDF相馬崇人が09年1月から10年6月まで所属していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月18日のニュース