チェルシー 19日川崎Fへ練習、新加入FWプリシッチ「ベスト尽くす」

[ 2019年7月18日 23:20 ]

川崎F戦に向けて練習を見守るチェルシーのランパード新監督(右から2人目)
Photo By スポニチ

 来日中のイングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーが、川崎Fと対戦する国際親善試合「Jリーグワールドチャレンジ2019」(19日、日産スタジアム)に向けて18日に横浜市内で練習を行った。

 一般公開されて1558人のファンが集まり、チェルシーのレジェンドで就任したばかりのランパード新監督がボールを蹴ると大きな歓声が上がった。ミニゲームなど約1時間半のメニューを消化した。

 新加入となる米国代表FWプリシッチはドルトムント時代以来2年ぶりの来日で「また戻って来られてうれしい。新しいチームで、難しい試合になると思うが結果を残したい」。レアル・マドリードの移籍したベルギー代表FWアザールの後継者として期待されることには「アザールは素晴らしい選手だが、比べようとは思わない。自分のベストを尽くしたい」と語った。

 また、昨年のW杯ロシア大会優勝メンバーのフランス代表MFカンテは負傷明けでミニゲームには参加せず別調整。「新シーズンに向けて準備となる試合。たくさんのファンが来てくれると思うので美しいサッカーを見せたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月18日のニュース