リーガ・エスパニョーラ、HISと日本初のオフィシャルパートナー契約

[ 2019年7月16日 16:21 ]

元ブラジル代表MFのジュリオバチスタ氏(中央)。左はリーガ・エスパニョーラの東南アジア、日本、韓国、オーストラリア地区プロジェクトマネージャーのイバン・コディナ氏。右はHISの山野邉淳取締役上席執行委員
Photo By スポニチ

 スペインのプロサッカーリーグ「LaLiga(リーガ・エスパニョーラ)」は16日、日本の旅行大手「エイチ・アイ・エス(HIS)」と日本初となるオフィシャルパートナー契約を締結したと発表した。

 同日に都内で会見し、リーガ・エスパニョーラの東南アジア、日本、韓国、オーストラリア地区プロジェクトマネージャーのイバン・コディナ氏は「HISと一緒に日本でLaLigaのイメージを成長させ、日本のサッカーファンにより近づくことが最大の目的。サッカーだけでなくスペインの文化、食、観光にLaLigaを通じて出会ってほしい」と説明した。

 HISは2001年にスポーツ観戦を目的とした専門店「スポーツイベントセクション」を設立。中でもサッカー観戦は人気が高く、欧州5大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ、フランス)を中心として年間約2000人が利用しているという。

 HISの山野邉淳取締役上席執行委員は「オフィシャルチケットに加え、VIPシートを販売できるようになり新たな観戦の形を提供できる」と説明。またスポーツ指導者、ビジネスマンへ向けた視察・研修旅行の企画・販売、子供向けのサッカー教室、サッカー大会の企画もあることを明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月16日のニュース