シントトロイデン移籍の鈴木優磨、決断の理由は「年齢的な部分」

[ 2019年7月16日 12:52 ]

シントトロイデンへの移籍について語るFW鈴木
Photo By スポニチ

 ベルギー1部シントトロイデンへ完全移籍する鹿島のFW鈴木優磨(23)が16日、鹿島のクラブハウスで取材に応じた。

 昨夏は海外クラブからオファーを受けても残留したが、今回は移籍を決断。一番の理由は「年齢的な部分」だったという。「トップストライカーが今いない中で、“第一希望でほしい”と言ってくれた。自分がストライカーとして勝負できる場なので楽しみ。また一から信頼を得ないといけない状況に身を置けるのは、間違いなく自分にプラス」と力を込めた。

 移籍を決意する前、あるストライカーに1本の電話を掛けていた。相手は昨夏まで鹿島のエースだったFW金崎夢生。「サッカーはこういうもの、プロっていうのはこういうものだと教わってきた」存在で、金崎はかつてニュルンベルク、ポルティモネンセに在籍していた。

 「(金崎は)“一つ目の(海外移籍先の)クラブで試合に出ると出ないではこの先が大きく変わってくる”という話をしていて、自分自身と考えていることが全く同じだったので自信持って決断をすることができた」

 トルコ1部ベシュクタシュからもオファーを受けていたが、「条件というよりも確実に試合に出てステップアップしたいという思いから、シントトロイデンは最適なんじゃないかと自分の中で選んだ」という決断につながった。

 「W杯よりも欧州CLの決勝に出たい思いが強い」。そして「僕はプレミアリーグが大好きなので、プレミアリーグに行って、岡崎(慎司)選手のように渡り歩いて戦い抜きたい」という将来の展望も描く。小学生の頃から17年間育った鹿島を巣立って、新たな道を切り開いていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月16日のニュース