本田が帰国 カンボジア代表2次予選進出祝福に「ありがとうございます」

[ 2019年6月12日 20:07 ]

カタールから帰国した本田(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 元日本代表MF本田圭佑(32)が12日、実質的な監督を務めるカンボジア代表での活動を終え、成田空港着の航空機で帰国した。22年W杯カタール大会のアジア1次予選を6日と11日にパキスタン代表と戦い、2戦合計4―1(2―0、2―1)とし、同2次予選に進出を決めている。

 空港に降り立った本田は、サインを求めるファンに丁寧に対応。報道陣から「1次予選突破おめでとうございます」と祝福されると「ありがとうございます」と応え、足早にその場をあとにした。

 2次予選は各組5カ国の計8組で行われる。前回大会の2次予選で日本とカンボジアは同組となり、本田はホームとアウェーでそれぞれ1ゴールずつをあげた。もし今大会で森保ジャパンと対戦することとなれば、心強い味方から、日本の前に立ちふさがる存在に変貌することとなる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年6月12日のニュース