岩渕、決定機つくれず肩落とす「チームの力になれなくて悔しい」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

女子W杯1次L D組   日本0―0アルゼンチン ( 2019年6月11日    フランス・パリ )

アルゼンチン戦でパスを出す岩渕(8)(共同)
Photo By 共同

 負傷明けのFW岩渕が後半12分からピッチに立った。得意のドリブル突破などテクニックを生かして攻撃を活性化したが決定機はつくれず「チームの力になれなくて悔しい」と肩を落とした。

 5月のリーグ戦で右膝を負傷した影響でコンディションは万全ではない。それでも、11年大会優勝を知る26歳は「多少の不安はあったが、ピッチに入ったらやるだけだった。残り2つを勝てば問題ない」と言い聞かせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年6月12日のニュース