川崎F 蔚山とドロー ACL1次L自力突破へ望み

[ 2019年4月23日 21:00 ]

ACL1次リーグH組   川崎F2-2蔚山 ( 2019年4月23日    等々力 )

<川崎F・蔚山>川崎Fはホームで引き分けに終わる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 サッカーのアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)は23日、1次リーグ第4戦が行われ、Jリーグ王者の川崎Fは蔚山(韓国)と対戦。1-2とリードを許した後半37分に途中出場のFWレアンドロ・ダミアンとFW知念がもつれあうようにネットを揺らし追いついた。2-2で引き分け1勝1分け2敗の勝ち点4とし、決勝トーナメント進出へ自力突破の可能性を残し望みをつなげた。

 川崎Fはコンディション不良のため離脱していた元日本代表MF中村憲が公式戦4戦ぶりに先発復帰。3月13日のシドニーFC戦で決勝ゴールを決めたMF斎藤学が今季公式戦初先発となった。

 前半8分、Mf大島からのパスをペナルティエリア内で受けたFW小林悠が右足一閃。豪快にネットを揺らし先制した。

 しかし同17分、左CKからあっさり同点に。MFシン・ジノが蹴ったボールをMFディスケルドが頭でわずかにすらし、ファーサイドのMFパク・ヨンウに右足で押し込まれた。さらに同31分にはゴール前でボールを受けたFWネグランにドリブル突破を許すと、GKチョン・ソンリョンの腕を弾く強烈なシュートを浴び逆転された。

 1-2で折り返すと、チームは後半頭からMF田中碧に代えてFW知念を投入。すると後半37分、左サイドからのボールをペナルティエリア手前で受けた小林悠が左足で思い切りよくシュート。相手GKが弾いたところにFWレアンドロ・ダミアンとFW知念がもつれるように詰め同点とした。

 勢いそのままにその後も攻め立てるも決勝点は生まれず。チームは勝ち点4とし暫定3位。蔚山は2勝2分けの勝ち点8に伸ばし首位をキープした。川崎Fは次節5月7日、ホームで暫定2位の上海上港(中国)と対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月23日のニュース