日テレ、5連覇に3発好発進 6年ぶり頂点目指すINAC神戸、5年ぶり女王狙う浦和も白星スタート

[ 2019年3月21日 16:05 ]

 サッカー女子のなでしこリーグ1部は21日に開幕して各地で5試合が行われ、史上初のリーグ5連覇を狙う日テレは3―1で千葉を下して白星発進。単独首位で今季をスタートさせた。

 前半を0―0で折り返した日テレだったが、後半16分に田中美のゴールで先制。後半33分にはオウンゴールで追いつかれたが、同39分に小林、40分には遠藤といずれもなでしこジャパンのメンバーがゴールを決めて勝ち切った。

 3連覇した2013年以来6年ぶりの優勝を目指すINAC神戸は後半に杉田、八坂のゴールで2点リードを奪い、2―1で日体大FIELDS横浜に勝利。2014年以来5年ぶりの女王を狙う浦和は2―1で長野を下した。

 ノジマステラ神奈川相模原はマイナビ仙台に、新潟は伊賀にそれぞれ1―0で勝利を収めている。

 第2節は24日に全5試合が開催される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月21日のニュース