清水・北川、先制ゴールも白星逃す 代表での雪辱へ「結果を残す」

[ 2019年2月24日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ 第1節最終日   清水1―1広島 ( 2019年2月23日    Eスタ )

前半、北川が先制のゴールを挙げる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 清水は前半30分に日本代表FW北川のゴールで先制したものの、勝利には結びつかなかった。「押し込まれても守備陣が頑張っていた。何とかもう1点取りたかった」と悔やんだ。

 日本代表が準優勝したアジア杯では無得点。代表定着を目指す今季は、前半戦で2桁得点到達を目指す。「(アジア杯で)悔しい思いをした分、リーグで結果を残すしかない」と貪欲にゴールを目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月24日のニュース