レアルは「負傷パニック」…ベンゼマもベールも万全遠く

[ 2018年12月18日 05:30 ]

FIFAクラブW杯準決勝   レアル・マドリード―鹿島 ( 2018年12月19日    アブダビ )

3連覇を狙うレアル・マドリード
Photo By AP

 3連覇を狙うRマドリードのソラリ監督はクラブ公式サイトで「今年もタイトルを勝ち獲りたい。鹿島戦に向けて集中する」と語った。

 16日にUAE入りしたが、問題は負傷者と得点力不足。15日に1―0と辛勝したリーグ19位のRバリェカノ戦で、FWベンゼマとFWアセンシオが負傷交代。FWベール、MFカゼミロもケガで欠場しており、スペイン紙アスは「負傷パニック」と伝えた。17日付の同紙マルカはベンゼマとベールは鹿島戦に出場できる見通しとしたが「状態が100%かは疑問」と報道した。FW陣はケガの不安も抱えて鹿島戦に臨むことになりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年12月18日のニュース