J2降格の長崎 FW玉田獲り、手倉森新監督が熱望、正式オファー

[ 2018年12月18日 05:00 ]

長崎が獲得に乗り出している名古屋FW玉田
Photo By スポニチ

 来季J2降格の長崎が名古屋の元日本代表FW玉田圭司(38)獲得に乗り出していることが17日、分かった。多くのクラブが興味を示す中、手倉森誠新監督(51)が熱望。他クラブに先んじて正式オファーを出した。

 玉田はシーズン終了後に契約満了通告。自身のブログでは「労いの言葉は一つもなかった」と明かしていた。だが今季J1リーグ24試合3得点。シーズン終盤はレギュラーとして残留に貢献した。手倉森新監督は攻撃だけでなく、守備でもハードワークができるベテランを高く評価。ピッチ外でも人望が厚く、若手選手への良い影響にも期待が掛かる。

 さらに今季限りで清水を退団したDF角田誠(35)の獲得が濃厚であることも判明。名古屋の元日本代表GK楢崎にも熱視線を送っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月18日のニュース