本田就任6試合目で“監督”初勝利「ホッとした気持ちが強い」

[ 2018年11月22日 05:30 ]

 カンボジア代表の実質的な監督を務める元日本代表MF本田圭佑(メルボルンV)が20日、プノンペンで東南アジア諸国連合(ASEAN)王者を決めるスズキ杯のラオス戦を指揮し、3―1で勝った。

 自身が直接指揮した3試合目(就任後6試合目)での初勝利。所属事務所によると「ホッとした気持ちが強い。選手としての一勝に比べると、落ち着いている印象がある」と話した。同大会はここまで1勝2敗で1次リーグ敗退が決まった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年11月22日のニュース