高校サッカー選手権組み合わせ決定 初出場の瀬戸内・佐々木主将が選手宣誓

[ 2018年11月19日 15:01 ]

<全国高校サッカー抽選会>対戦が決まり握手を交わす前橋育英・若月主将(左)と宇和島・岡崎主将(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 第97回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が19日、東京・汐留の日テレ本社内で行われ、12月30日に東京・駒沢陸上競技場で行われる開幕戦は2年ぶり4回目出場の駒大高(東京B)と2年ぶり16度目出場の那覇西(沖縄)の対戦に決まった。

 選手宣誓は初出場の瀬戸内(広島)の佐々木達也主将に決定。佐々木主将は苦笑いを浮かべつつ「初出場で(選手宣誓に決まって)びっくりしている。楽しむ、思い出に残る大会にしたいです」と意気込みを語った。

 前年度優勝校で5大会連続22回目の出場の前橋育英(群馬)は8大会ぶり5度目出場の宇和島東(愛媛)、前年準優勝の流通経大柏(千葉)は徳島市立(徳島)と初戦でぶつかる。なお、今夏の全国高校総体を制した山梨学院は県予選で敗退した。

 大会は12月30日に開会式と開幕戦1試合が東京・駒沢陸上競技場で行われ、同31日に残りの1回戦を実施。来年1月2日に2回戦、3日に3回戦、5日に準々決勝が行われ、12日の準決勝と14日の決勝戦はともに埼玉スタジアムで開催される。

 かつて新垣結衣(30)、広瀬すず(20)ら人気女優を多数輩出している14代目応援マネジャーは、女優の清原果耶(16)が務める。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年11月19日のニュース