17歳・久保建英、J1初ゴール!憧れイニエスタの前で真価証明

[ 2018年8月27日 05:30 ]

明治安田生命J1第24節   横浜2―0神戸 ( 2018年8月26日    ノエスタ )

<神戸・横浜>前半、激しく競り合う横浜・久保(左)と神戸・イニエスタ(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 横浜のMF久保建英(17)が、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の前でJ1初ゴールを決めてみせた。J1リーグは26日に第24節4試合を各地で行い、横浜はJ1リーグ初先発となった久保の後半11分のゴールなどで敵地で神戸を2―0で下した。

 天才の左足が均衡を破った。0―0の後半11分だ。中央でボールを受けた久保が右サイドへ大きく展開。そのまま前線へ駆け上がり、MF松原からのラストパスを待った。

 「松原選手が切り返したのが見えたので、下がって受けようと思った。緊張もあったが落ち着いて打てた」

 ペナルティーエリア内でボールを受けると、相手DFの寄せよりも早く左足を振り抜き、ネットを揺らした。この日がJ1リーグ初先発だったにもかかわらず、MFイニエスタ、FWポドルスキらスター選手の目の前で、記念すべきJ1リーグ初ゴールを決めた。

 11年から15年までバルセロナ下部組織でプレー。イニエスタやMFデコの存在がバルセロナを目指すきっかけだった。今年4月にデコがFC東京を極秘訪問した際には、緊張で言葉が出ないほどだったという。そしてこの日は、目の前にイニエスタ。「自分もこれから、ああいうところ(世界トップレベル)で戦いたい。早いうちからそういう(トップ)選手と対戦できるのは良い経験になる」。18歳となる来年6月にはバルセロナ復帰が既定路線となっている久保は、その才能の一端を披露してみせた。

 昨年はU―20W杯、U―17W杯に出場したが、いずれも16強で敗退。「悔しさは一生忘れない」とさらなる成長を期し、横浜への期限付き移籍を決断したが、不安もあった。「新たな決断をして結果が出なかったら“ダメじゃん”と言われるのは明らか。結果が出てほっとしている。これがビギナーズラックにならないようにしたい」。自らの左足で、雑音も封印した。

 試合後、イニエスタと対戦した感想を聞かれ「長年バルセロナのトップチームでやってこられたが、自分は下部組織を少しかじっただけ。天と地の差があるけど、今日のゴールでその差を1ミリでも縮められたらうれしい」と話した。それでも、あの一撃の価値は交代時に送られた万雷の拍手と「タケフサ」コールが証明する。17歳の天才レフティーは底なしの可能性を示した。 (井上 侑香)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年8月27日のニュース