ハリル監督、訴訟準備?契約解除に動揺と怒り「満足ではない」

[ 2018年4月10日 05:30 ]

バヒド・ハリルホジッチ監督
Photo By スポニチ

 電撃解任されたハリルホジッチ前監督は、2度目の悲劇を味わうことになった。

 田嶋会長から直接、契約解除の事実を通達されると、「満足ではない。何で、この時期に?」と言葉を発したという。元指揮官の様子について同会長は「やはりビックリしているのが僕の印象。まさかこのことを言われるとは、ということで、多少動揺もしたし、怒りもあった」と振り返った。前監督は08年から指揮したコートジボワール代表を10年南アフリカ大会の出場に導くも、同年2月に解任された過去がある。

 セルビアのニュースサイト・スポルツカ・セントララ(電子版)は「ハリルホジッチが日本サッカー協会に対して訴訟の準備をしている」と報道。契約解除に伴う違約金について合意に達していないという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年4月10日のニュース