本田ブレ球FK復活だ!相性抜群、飛ぶ軽量「VOIT」社球

[ 2017年7月24日 05:30 ]

パチューカ・本田
Photo By スポニチ

 メキシコの名門パチューカに加入した日本代表FW本田のブレ球FK復活へ追い風が吹いた。メキシコリーグのボールは10年以上も同国の「VOIT」社製を採用。クラブ関係者によると、同社製はW杯で使用されているアディダス社製の感触に近づけているが、他社製より軽量でボールが飛びやすく設計されているという。

 パチューカは標高2400メートルの高地。空気抵抗も少ないだけに本田の代名詞であるブレ球との相性も抜群だ。本田は現地での初練習から同社製ボールを蹴って感触を確認。周囲には「気に入っている」と話しているという。

 本田は高地順化の特別プログラムを組んでおり、23日(日本時間24日)のUNAMとの開幕戦はメンバー外。24、25日(同25、26日)は急きょオフ返上で練習する予定で、29日(同30日)のホーム開幕戦デビューへ急ピッチ調整を進める。

 パチューカでは背番号2のレプリカ・ユニホームも予定より早く発売。メキシコシティー在住の日本人有志が、本田を応援するための横断幕も作製中という。新天地デビューへ歓迎ムードが高まってきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年7月24日のニュース