J2町田がエスコートキッズならぬ「エスコート女子大生」募集 年齢問わず

[ 2017年7月24日 16:10 ]

 J2町田は24日、8月16日の明治安田生命J2リーグ第28節・名古屋戦(町田)開催に際して、選手と並んで入場する「エスコート女子大生」を募集すると発表した。

 8月16日は1913年に東北帝国大(現在の東北大)が女子3人の合格を発表し、日本で初めての女子大生が誕生したという「女子大生の日」で、それを記念して企画された。

 通常は「エスコートキッズ」として選ばれた子どもと選手が手をつないで入場するが、選手と女子大生が手をつないで入場するのはクラブ内でも「さすがに…」と難色を示す意見が出されたため、手つなぎはなし。抽選で選ばれた24人の女子大生は、審判団や選手の横に並んでフラッグを手に入場するという。

 女子大生は女性の短大生、四大生、大学院生、専門学生であれば年齢は問わず。学生証などで身分を確認するという。また、試合当日に女子学生の無料招待も実施。こちらは特設ブースで学生証を提示すると、ホーム自由席チケットがプレゼントされる。

 クラブは「当日は、J1優勝経験のある名古屋グランパスを町田に迎えます。多数の日本代表経験者、実力者が集まるチームですが、ゼルビアは一体となって戦い、ジャイアントキリングを目指します」と同カテゴリーの名古屋と対戦するリーグ戦にあえて「ジャイアントキリング(番狂わせ)」の言葉を用いて勝利と試合の盛り上げに気合を入れている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年7月24日のニュース