Jに質の高い外国人選手を!原副理事長が必要性を強調

[ 2016年9月9日 05:30 ]

Jリーグ原博実副理事長

 Jリーグの原博実副理事長(57)が、リーグに質の高い外国人選手を集める方針を打ち出した。

 リオデジャネイロ五輪に国内組中心のメンバーで挑んだU―23日本代表は、1次リーグ敗退と惨敗。「Jリーグ選手の力量が落ちているとは思わない」とした上で、日本人にはない個の強さを持つ選手など、世界の選手たちと対戦できる環境づくりの必要性を強調。「Jリーグの中で外国人選手の質の競争を高めていかないと」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年9月9日のニュース