U17なでしこ発表 指揮官「2連覇懸かるW杯。いい成績を」

[ 2016年9月9日 05:30 ]

 日本協会は8日、U―17女子W杯ヨルダン大会(30日~10月21日)に臨む日本代表21人を発表した。

 なでしこリーグで活躍するFW植木理子(17=日テレ)や、初制覇した14年の前回大会にも出場したMF長野風花(17=浦和)らを選出。楠瀬直木監督(52)は「2連覇の懸かるW杯。ぜひ、いい成績を残して帰ってきたい。第2の澤穂希を生んでいきたい」と、リトルなでしこの活躍とスター輩出を誓った。1次リーグD組の日本は、来月1日にガーナ、4日にパラグアイ、8日に米国と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年9月9日のニュース