名古屋、西野監督は今季限りで退任…大幅な血の入れ替え断行へ

[ 2015年10月5日 05:30 ]

名古屋の西野監督は今季限りでの退任が決定した

 名古屋の西野朗監督(60)が今季限りで退任することが決定した。就任2年目の今季はリーグ戦11勝6分け13敗で、第1ステージは9位、第2ステージも10位と苦しんでいる。

 4日、久米社長と西野監督が話し合って、来季の契約を更新しないことを通達した。チームは指揮官だけではなく、大幅な血の入れ替えを断行することも判明。今季加入したばかりのスロベニア代表FWノヴァコヴィッチや昨年途中に柏から移籍したMFレアンドロ・ドミンゲス、10年のリーグ初優勝を支えたMFダニルソンら外国人全員を総入れ替え。新指揮官候補に日本人が有力視される中、新たなチームづくりに動きだす。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年10月5日のニュース