大宮 大熊監督を解任 後任に渋谷コーチが昇格

[ 2014年9月1日 05:30 ]

 大宮は31日、大熊清監督(50)を解任し、後任に渋谷洋樹コーチ(47)が昇格することを発表した。大宮は8月初旬に大熊監督を解任する方針を固めたが踏み切れず。しかし、30日の浦和戦で敗れ4連敗となり、J2降格圏の17位と不振が続いたため決断した。

 鈴木茂社長は「今後、J1残留を考えた時に新たな体制にすることが必要と判断しました」とクラブを通してコメントした。

 渋谷監督はこの日、“初采配”となった明大との練習試合後に取材に応じ、「選んでくれて光栄に思うと同時に、責任も感じている。目標はJ1残留。失点が多いので、守備のところと、攻守の切り替えの部分をやっていきたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年9月1日のニュース