横浜 痛恨の延長ロスタイム被弾で散る…客席からはブーイング

[ 2014年8月21日 05:30 ]

天皇杯3回戦 横浜2―3北九州

(8月20日 ニッパ球)
 昨年度優勝チームの横浜が2―2の延長後半ロスタイムに失点し敗れた。

 ファビオが頭部から流血し、ピッチ外に出ている不運もあったが栗原は「(ファビオが)いないからこそ慎重にならないと」とうなだれた。試合後は客席からブーイング。樋口監督には「いつ勝つんだよ。辞めろよ」と厳しい声が飛んだ。一方、J2北九州は会心の勝利。決勝弾の渡は「ワンチャンスをモノにできた」と喜んだ。現在、21歳でリオ五輪世代。視察に訪れた手倉森監督の前でアピールした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年8月21日のニュース