内田 代表引退発言を語る「答えが出るか出ないかわからない」

[ 2014年8月2日 22:42 ]

日本代表の内田

 シャルケの日本代表DF内田篤人(26)が2日に放送された日本テレビ「嵐にしやがれ」に出演。改めて代表引退に関する考えを語った。

 ブラジルW杯1次リーグC組第3戦のコロンビア戦後に代表引退の可能性について「考えています」「日本に帰って少し休んで。ちょっと前からずっと考えていたので。ずっと思っていたのでね、人に言っていなかっただけで」と示唆していた内田。

 同番組で嵐のメンバーから真意を問われると、ブラジルW杯を最後に引退するという意味ではないと前置きしたうえで、「長い間代表俺どうなのかなと思っていて。理由は1つじゃないですけど、試合終わった後ロッカーで代理人に電話して『もう呼ばないでいいって言ってくれ』って言ったこともある。代理人は『2014年終わるまでは続けてくれ』と言っていて」とこれまでも葛藤があったことを告白した。

 そうした経緯があって、「代表は呼んでもらって初めて引退するかしないか決めるので、自分がどうこうっていうことじゃないと思ってますけど、ブラジル終わったら考えるって代理人には話した。答えが出るか出ないかはわからないし」と今でも考え中だという。櫻井翔(32)から「決めなくていいんじゃないの?」とアドバイスされると「決めなくていいんですかね」と戸惑いつつも笑みを浮かべた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年8月2日のニュース