横浜・斎藤 同世代FW対決へ闘志「ウサを抑えないと」

[ 2014年8月2日 05:30 ]

 J1は2日、第18節の9試合が各地で行われる。横浜は敵地でG大阪と対戦。FW斎藤が今後、日本代表でライバルと成り得るFW宇佐美とのアピール対決を制し、アギーレジャパン入りを目指す。

 ロンドン五輪代表でのチームメートで同じドリブラーの相手エースは、W杯による中断が明けてから3戦3得点と好調。斎藤は「映像を見たけど凄い自由にやっていた。ウサ(宇佐美)と(FWの)パトリックを抑えないと」と直接マッチアップする機会は少ないがチーム守備で封じていく考えだ。

 もちろん勝利のためには得点が必要。最近3試合は引き分けに終わっており「点は取れているが、1点で止まっているのが原因」と分析する。先制しても攻撃の手は緩めず、追加点を狙う。その先頭に斎藤が立ち、同年代とのライバル対決を制す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年8月2日のニュース