岡田前監督、日本1次L突破に太鼓判「間違いない」

[ 2014年6月11日 10:07 ]

サンパウロの日本人学校で講演する、サッカーの前日本代表監督の岡田武史氏

 サッカーの前日本代表監督の岡田武史氏が10日、サンパウロの日本人学校を訪れ、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に臨む日本代表について「客観的には間違いなく1次リーグを突破できる力がある。ザッケローニ監督はものすごくいい人。彼には成功してもらいたい」とエールを送った。

 小中学生250人とその父母ら160人を前に、ベスト16入りした前回南アフリカ大会の経験談などを披露した。「カメルーン戦に勝って、ロッカールームの雰囲気が変わった。その意味では今回もコートジボワール戦がすごく大事」と初戦の重要性を強調した。「僕が監督の時は、大したことないと思われていて、けっこうやるじゃないかと評価された。今は香川や本田がいて、日本はやるぞと思われている。今回結果を出せば、周りの見る目が変わる」と大きな期待を寄せた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年6月11日のニュース