清水の“ギタ女”14歳ポストYUIがエスパルス応援歌

[ 2014年4月23日 09:00 ]

清水エスパルスの応援歌を歌うことになった小園美樹と、エスパルス・アンバサダーの斉藤俊秀氏

 清水エスパルスの応援歌を、14歳の現役中学生が歌うことになった。静岡県浜松市の私立浜松学芸中3年の小園(こぞの)美樹で、静岡のFM局の音楽チャートで1位になるなど県内では有名な存在だ。アコースティックギターを弾きながら歌う“ギタ女”の新星として注目されており、6月には全国デビューを果たす。

 小園は小学生のころから地元のライブハウスで大人に交じって音楽活動を行っており、昨年10月にミニアルバム「Dear」でインディーズデビューした。静岡のFM局「K―mix」の音楽チャートで1位になるなど、県内では広く名が知られている。

 エスパルスの応援歌に起用されたのは「You are my hero」。サッカー元日本代表でクラブOBの斉藤俊秀アンバサダー(41)がテレビ番組を通じて小園と知り合って応援歌の提供を依頼し、快諾した小園が書き下ろした。クラブは同曲を、ゴールデンウイーク中のホームゲームでスタジアム内に大量に流す。

 同曲は26日に500円シングルとして、県内限定で発売される。

 小園はアコースティックギターを弾きながら歌う“ギタ女”の新星として注目を集めている。オリコン・エンタテインメントの高橋茂社長は「透明感のある歌声と王道のポップスはデビュー当時のYUIのよう。大物感が漂う」と、ポストYUIとして高く評価した。

 小園の存在は各界に知れわたってきており、大手コンビニのローソンは、同曲を6月から全国の店舗で流すことを決定。同4日には同曲を収録したミニアルバム(タイトル未定)の発売が決まり、全国デビューを果たすことになった。

 ローソンの渡辺章仁執行役員(エンタメ担当)は「その歌声と若さもさることながら、ライブパフォーマンスも圧巻。ライブエンタメとして新しい形を切り開いてくれそう」と期待。小園は「エスパルスの選手の皆さんがたくさんの人の“hero”であるように、私も音楽を通してそんな存在になれるよう、もっともっと頑張っていきたい」と意気込んだ。

 ◆小園 美樹(こぞの・みき)1999年(平11)11月8日、静岡県浜松市生まれの14歳。幼稚園のころから音楽教室に通い、小学3年でクラシックピアノ、小学4年でエレキギターを習い始める。昨年、K―mixのアマチュアオーディションでグランプリを獲得。1メートル55。血液型O。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月23日のニュース