CL抽選会、マンUとバイエルンが激突!バルサはAマドリーと同国対決

[ 2014年3月21日 20:20 ]

欧州CL抽選会でくじを引く元ポルトガル代表MFフィーゴ(右)

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント準々決勝の組み合わせ抽選会が21日、スイスのニヨンで行われ、日本代表MF香川が所属するマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は、史上初のCL2連覇を狙うバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)との対戦が決まった。第1戦は4月1日と2日、第2戦は4月8日と9日に行われる予定。

 今大会13ゴールと得点王レース独走中のC・ロナウドを擁するレアル・マドリード(スペイン)は昨季準決勝で敗れたドルトムント(ドイツ)と激突。バルセロナ(スペイン)はアトレティコ・マドリード(スペイン)との同国対決となった。 

 過去6大会ではバルセロナが優勝するか、バルサを制して勝ち進んだチームが最終的に必ずチャンピオンズリーグを制覇しており、アトレティコの戦いぶりに注目が集まる。

 なお、準決勝の組み合わせ抽選会は、4月11日に同じくニヨンで実施予定。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年3月21日のニュース