Jリーグ八百長警告問題、各クラブに注意喚起

[ 2014年3月21日 05:30 ]

 Jリーグはインターネットのサッカー賭博に絡み、初めて八百長監視システムから警告を受けた問題で、臨時のJ1~J3合同実行委員会を開き、各クラブに経緯の報告や注意喚起を行った。

 8日の広島―川崎Fに不正が疑われる賭け方があったとして警告を受けた。調査の結果、不正はなかったと結論づけた対応や賭博の実態などについて説明した。インターネット回線を通じて行われた会議には40クラブ以上が参加した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年3月21日のニュース