高原直泰 相模原への期限付き移籍が発表 背番号「31」

[ 2014年3月21日 08:01 ]

出場機会を求めJ3相模原へ移籍する元日本代表FW高原

 J2東京VとJ3相模原は21日、元日本代表FW高原直泰(34)が東京Vから相模原に期限付き移籍することを発表した。期間は2014年3月21日から2015年1月31日まで。

 高原は東京Vを通じ「短い間でしたが、1年間お世話になりました。ファンやサポーターの皆様の応援が、チームにとって大きな力になります。これからもヴェルディの選手たちに大きな声援を送ってください」とコメントした。

 日本代表では国際Aマッチ57試合23得点、ドイツでも活躍した高原は、13年1月から東京Vに所属しているが今季は出場機会なし。浦和時代には1億円を軽く超えていた年俸も、20分の1程度の見込みだが、ピッチに立つことを最優先に、移籍を決断。 背番号は「31」。相模原の公式HPにユニホームを着た写真も掲載されている。

 相模原は08年に創設され、元日本代表の望月重良氏が代表を務める。昨季はJFLで3位。今季は第2節を終え1勝1敗の7位。日本代表やドイツでも実績十分な高原を新エースとして招へいし、初代J3王者を目指すことになる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2014年3月21日のニュース