神戸、西野体制で初練習「チームをどう構築するか」

[ 2012年5月23日 06:00 ]

西野監督(右)はアクシデントで練習に遅れた大久保に愛の?グーパンチ

 神戸は西野新監督の下、神戸市内で初練習した。G大阪を指揮した昨季以来約半年ぶりにグラウンドに立った指揮官は「久しぶりで、やっぱりいいなと思った」と感慨深げに話した。

 練習前は選手一人一人と笑顔で握手。ランニングやパスの基礎的なメニューを課し、午後はハーフコートの紅白戦を実施して選手の動きをチェックした。26日の鹿島戦が初采配。「短い中でチームをどう構築するか。アントラーズのことより自分のチームのことを中心に考えてやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2012年5月23日のニュース